« 政治権力がないと願う | トップページ | 責任は誰にあるのか »

制度が許さないというのは嘘

申し訳ありません。いかにも注意しようとしたかのように書きましたが、そのような事実はありません。↓

実際、私は女性の挑発的な服装への文句を目上の人に言ったのです。そうしたらその男性は「そんなことを当人が聞いたらどう思うか。服装は彼女の自由だ」と答えたのです。注意するのは女性と同程度かちょっと上の権力しかない男性には困難という実例です。

http://zanbajiru.cocolog-nifty.com/blogtytle/2010/05/post-3034.html

文句は言ったが、万難を排してその女性に注意しようとなんて思ってはいなかった。何で文句言ったんだろう。もう憶えていません。ただ私は恋の気分の中にいて彼女を得たいと思っていた。そんな中で注意できようがありません。

だから、挑発を注意する意志があっても、実際に社会制度はそれを許してくれない、みたいな書き方は、欺瞞的な文章です。このことは謝罪しなければなりません。

|

« 政治権力がないと願う | トップページ | 責任は誰にあるのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230968/35199201

この記事へのトラックバック一覧です: 制度が許さないというのは嘘:

« 政治権力がないと願う | トップページ | 責任は誰にあるのか »