« 制度が許さないというのは嘘 | トップページ | 消費増税は何のため »

責任は誰にあるのか

税・財政に全く無知な私にも言わせてというエントリーです。

地下に眠るM氏が「地下生活者の手遊び」 の中で新事実の提示というか、マスコミが作っているミスリードの可能性を指摘しています。

菅とそのブレーンは所得税増税論者ですにゃ。それが、税制を見直すと発言すると消費税増税と報道しちゃうのは捏造レベルだにゃー。視聴率優先のテレビだけじゃなくて、新聞もそういうことしているんだにゃ。

今日昼のNHKニュースでも菅首相がいかにも「消費税を含めた税制の抜本改革」と言っているように(アナウンサーの説明では)伝えていましたが、菅自身の答弁映像を見てみると「消費税を含めた」とは言っていないんですね。

ただし玄葉公務員制度改革相兼党政調会長は消費税見直し論者だとして通っています。産経新聞によれば、彼は公然と

やはり次の総選挙後には消費税も含めた税制の抜本改革を行うということは、私は参議院マニフェストに書いていかないといけないのではないかと。そう考えております

と話しています。NHKの表現はおそらく、これを踏まえたものなんでしょう。民主党とNHKの機関同士の間で作られたものですからね。

菅自身が「消費税を含めた」という語を入れないのはなぜなのか。自分の主義もさることながら、消費税増税論者と所得税増税論者の両方に秋波を送っているからじゃないでしょうか。昨今の政治の状況を見ていると、特に選挙前ということもあって、どれだけ票を獲得するかに色気を見せているともとられて仕方がないと思います。

玄葉は菅が引き抜いた男です。だから、菅が所得税増税論者だったら、菅にも説明責任が生じます。これだけのことを言わせておいて、俺は関係ねえよじゃすまされません。玄葉とは意見が違うということを明確に言わないと政治責任問題です。

まあ元上げ潮派で、景気がよくなるように規制緩和を徹底して、消費税も挙げる必要なし、社会保障も以前の自民時代のままでよしと思っていた(今は老人福祉を充実するために消費税を挙げるのも一策かと思っている)私は現与党以外のどこに投票しようか迷っている状態なのですけれどね。

|

« 制度が許さないというのは嘘 | トップページ | 消費増税は何のため »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「議論をミスリードして貧困層を苦しめるため」なんていう相手をさも意地の悪い幼児性を持った人間であるかのように人格攻撃するのが通ってしまうこと自体が、問題なのだ。当人は「経済成長して貧困層を救うために『公正』は犠牲にしてもいい」とおっしゃるが…。

菅の税制への方向性に私は賛成しない。責任を持って明確に打ち出したとしてもそう。所得税増税は頑張った人が報われるシステムを否定すること。そもそも最高税率を上げたぐらいで増収は微々たるもの。消費税増税の幅を抑えられてもほんのちょっと。

投稿: ザンバジル | 2010年6月17日 (木) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230968/35274485

この記事へのトラックバック一覧です: 責任は誰にあるのか:

« 制度が許さないというのは嘘 | トップページ | 消費増税は何のため »