« セクハラ(回答不能だったやりとりの記録) | トップページ | 暴力的なセクハラ研修 »

セクハラ冤罪の非確認

ということで、私が書かねばならないことは事実のみ。

40を過ぎた私は、16歳年下の女性社員に対し、腕を触り、電話を1カ月に十数回かけ、「君に子供がいるなら、一緒に育てよう」と言った。

しかし、会社はセクハラをしたので謝りたい、退職したいという私に対し、「本人が平気だと言った」ということを理由に、それをすべきではないということを、部長を通じて伝えた。「君がしなければいけないことは(触ったり電話したりといった)そういうことをしないことだ」ということを伝えた。

セクハラ認定はされているとはいえない、というのが現在の私の置かれている状況。しかし、遠まわしに同じ職場の先輩からは、法律を犯していないといって威張れるものではないということは言われた。セックススキャンダルを起こした人間は、段々と影響力を失っていくと、ほのめかされた。

「君にもやましいことはなかったわけではないのだろう」というのが、その先輩からの言葉でかなり印象に残っている言葉。しかしその先輩は「君をいじめようとしている人間も、君を辞めさせようとしているわけではない」と言った。「今後、会社でいいことなんてないと考えたほうがいい」というアドバイスももらいました。

|

« セクハラ(回答不能だったやりとりの記録) | トップページ | 暴力的なセクハラ研修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230968/34595688

この記事へのトラックバック一覧です: セクハラ冤罪の非確認:

« セクハラ(回答不能だったやりとりの記録) | トップページ | 暴力的なセクハラ研修 »